妻、やめます。

モラハラ夫と過ごした日々の回想録

空しいモラハラ夫と虚しい教師~人も自分も傷つける歪んだ自己愛

歪んだ自己愛に支配されているモラハラ夫。教師に従事する夫が自身の欲求を満たすために社会でどのように振る舞っていたのか、またそれによってモラハラ夫が負っていた苦悩などについておはなしいたします。

モラハラ夫を育む親の正体④~モラハラ親と逃れられない負の連鎖

モラハラ加害者を生み出す主な要因は家庭環境や親であるといわれています。今回は愛着障害とモラハラの関わりやモラハラがモラハラを生む連鎖について触れながらモラハラ夫を育んだものについて考えていきたいと思います。

モラハラ夫を育んだ親の正体③~母親の〈条件つきの愛情と支配〉

モラハラ夫を育む主な要因は〈家庭環境・親〉であるケースが多いと言われています。 今回はモラハラ夫とその母親の関係性に焦点をあて、モラハラを育む親や環境について考察したいと思います。

モラハラ夫を育んだ親の正体②~父親の〈否定と無関心〉

モラハラ夫を育む主な要因は〈家庭環境・親〉にあり、その親もまたモラハラ加害者であるケースが多いと言われています。今回は、夫の父親と夫の親子関係に焦点を当てて考察していきたいとおもいます。

モラハラ夫を育んだ親の正体①〜私が見た親子間モラハラの実態

モラハラの主な要因と考えられている幼少期からの家庭環境や親との関わり。今回は夫と両親の間にあった違和感や不自然さ、歪みについて挙げ、そこから見えた親子間モラハラの実態についておはなしいたします。

『結婚前に夫のモラハラ気質は見抜けない』は本当か?

『結婚前はモラハラ気質を見抜けない』と言われているが、それは本当だろうか?今回は私が結婚前のモラハラ夫にかすかな違和感を抱いたエピソードの紹介と、そこから私なりに考えたモラハラ気質を見抜くために必要なことをおはなししたいと思います。

私たちが子どもの命を手放した話⑤〜中絶後の苦しみと夫のモラハラ

『私たちが子どもの命を手放した話』の最後になります。 結婚前、子どもを中絶した私たち。今回は、中絶後、私にもたらされた苦しみと歪んだ私たちの関係性、夫のモラハラについておはなしいたします。

私たちが子どもの命を手放した話④~中絶手術、私の痛みと傷み

今回は『私たちが子どもの命を手放した話③』の続きです。とうとう子どもの中絶手術の日を迎えます。 私が体験した中絶手術について、またその時の心と身体についておはなしいたします。

私たちが子どもの命を手放した話③〜命と引き換えに提示されたもの

今回は『私たちが子どもの命を手放した話①②』の続きです。 妊娠した子どもの中絶を迫る夫と夫家族。夫は自分本位な思惑を通すため、偽り救世主となって私の心を翻弄しました。そんな夫の言葉や私の心の動きに ついておはなしいたします。

私たちが子どもの命を手放した話②〜中絶をめぐる夫側の言い分

今回は『私たちが子どもの命を手放した話①』の続きです。結婚を前提におつきあいしていた私たちの間にできた子ども。その子どもを堕ろすことを問答無用で強要した夫の言い分とそこに見られるモラハラの特徴、また夫と夫の家族との関係についておはなしいたし…

私たちが子どもの命を手放した話①〜妊娠とそれぞれの心

私たち夫婦は結婚前に尊い命を中絶しました。お互いに愛し合っていると信じていた人との子どもをなぜ中絶しなくてはならなかったのか。今回はモラハラ夫とのエピソードを語る上で避けられない『子どもの中絶』についての過去を振り返ります。