妻、やめます。

モラハラ夫と過ごした日々の回想録

モラハラ夫の特徴

モラハラ夫と結婚式準備②〜〝親にとって〟良い息子でいたい夫の二面性と外面

モラハラ夫の特徴である激しい二面性や良すぎる外面。私の夫は外の他人以外に自分の両親や家族といった身内に対しても〝良い息子〟という厚い外面を使うことで自分を守ろうとしていました。今回は結婚式の準備の際に見せた夫のもう一つの二面性と外面につい…

モラハラ夫と結婚式準備①~ものすごい愛妻家の激しい二面性と外面

結婚生活の間、モラハラ夫の激しい二面性と異常に良すぎる外面にずっと苦悩を抱えてきました。今回は結婚式の準備をしていく中で露骨に顕著になっていったモラハラ夫の二面性と外面についておはなしいたします。

モラハラ夫と結婚指輪〜〝何となく〟気になりだした二面性と外面

モラハラ夫は激しい二面性を有し、異常に外面が良いという特徴があります。 今回は、結婚指輪を購入するエピソードの中にあったモラハラ夫の二面性と外面についておはなしいたします。

ケンカの後始末を押しつけるモラハラ夫

妻を見下しているモラハラ夫とは対等に話し合うことやまともにケンカもできませんでした。今回はモラハラ夫の卑劣なケンカの後始末についてのおはなしです。抑圧と支配ですべての責任を妻に押しつけるモラハラ夫とのやり取りを振り返ります。

モラハラ夫のずるい正論と正当化〜知能犯タイプのモラハラ

私の夫はモラハラの中でも知的に理論的に追い詰め、自身を正当化することで妻に罪悪感を与えることで支配する知能犯タイプでした。今回はその知能犯タイプのモラハラに焦点をあてておはなしいたします。

空しいモラハラ夫と虚しい教師~人も自分も傷つける歪んだ自己愛

歪んだ自己愛に支配されているモラハラ夫。教師に従事する夫が自身の欲求を満たすために社会でどのように振る舞っていたのか、またそれによってモラハラ夫が負っていた苦悩などについておはなしいたします。

モラハラ夫を育む親の正体④~モラハラ親と逃れられない負の連鎖

モラハラ加害者を生み出す主な要因は家庭環境や親であるといわれています。今回は愛着障害とモラハラの関わりやモラハラがモラハラを生む連鎖について触れながらモラハラ夫を育んだものについて考えていきたいと思います。

モラハラ夫を育んだ親の正体③~母親の〈条件つきの愛情と支配〉

モラハラ夫を育む主な要因は〈家庭環境・親〉であるケースが多いと言われています。 今回はモラハラ夫とその母親の関係性に焦点をあて、モラハラを育む親や環境について考察したいと思います。

モラハラ夫を育んだ親の正体②~父親の〈否定と無関心〉

モラハラ夫を育む主な要因は〈家庭環境・親〉にあり、その親もまたモラハラ加害者であるケースが多いと言われています。今回は、夫の父親と夫の親子関係に焦点を当てて考察していきたいとおもいます。

モラハラ夫を育んだ親の正体①〜私が見た親子間モラハラの実態

モラハラの主な要因と考えられている幼少期からの家庭環境や親との関わり。今回は夫と両親の間にあった違和感や不自然さ、歪みについて挙げ、そこから見えた親子間モラハラの実態についておはなしいたします。

『結婚前に夫のモラハラ気質は見抜けない』は本当か?

『結婚前はモラハラ気質を見抜けない』と言われているが、それは本当だろうか?今回は私が結婚前のモラハラ夫にかすかな違和感を抱いたエピソードの紹介と、そこから私なりに考えたモラハラ気質を見抜くために必要なことをおはなししたいと思います。

私たちが子どもの命を手放した話③〜命と引き換えに提示されたもの

今回は『私たちが子どもの命を手放した話①②』の続きです。 妊娠した子どもの中絶を迫る夫と夫家族。夫は自分本位な思惑を通すため、偽り救世主となって私の心を翻弄しました。そんな夫の言葉や私の心の動きに ついておはなしいたします。

私たちが子どもの命を手放した話②〜中絶をめぐる夫側の言い分

今回は『私たちが子どもの命を手放した話①』の続きです。結婚を前提におつきあいしていた私たちの間にできた子ども。その子どもを堕ろすことを問答無用で強要した夫の言い分とそこに見られるモラハラの特徴、また夫と夫の家族との関係についておはなしいたし…

モラハラ夫の卑劣な自己プロデュース

人の目を異常に気にするモラハラ夫がなぜかみすぼらしい服を着続ける不可解な行動。今回はこの不可解な行動の実態とその行動の奥にあるモラハラ夫の心理・思考についてのおはなしです。

モラハラ夫ってこんな感じ⑦~夫の場合【謝らない】

モラハラ夫は謝りません。自分を守るため、自分の欲求をみたすためになりふり構わず謝罪を回避しようとします。今回は、そんなモラハラ夫の『謝らない』実態とその心について考えたいと思います。

サイレントモラハラに支配された妻の行動と心理

モラハラは言葉による直接的な言葉の暴力以外に空気による暴力『サイレントモラハラ』というものがあります。今回はサイレントモラハラの実態とその被害者の心が支配される過程や行動についておはなしいたします。

モラハラ夫が私を選んだワケ〜妻の悲しい考察

モラハラ夫はなぜ私を選んだのか。夫にとって良い妻とは?今回はモラハラ夫が私を選んだ理由について、過去の夫の言葉や会話を思い起こしながら妻なりに考察していきたいと思います。

自分がないモラハラ夫~偽りの信念と歪んだ自己愛

モラハラ夫は自分がありません。『自分がない』とはどういうことなのか、自分がないモラハラ夫の心はどういうものなのか、実態を挙げながら私なりの考えをおはなしいたします。

インフルエンザの妻を放置〜ものすごい愛妻家の裏の顔

結婚して初めてのクリスマス。インフルエンザの妻を放置して自身の欲求を優先したモラハラ夫。妻の嘆きとモラハラ夫の自分本位な言い分。著しく共感性が欠如したモラハラ夫の実態をおはなしいたします。

モラハラ夫の別の顔~抑圧された子ども心

モラハラ夫が日常生活で度々見せる子どものような別の顔。その言動・行動が意味するものは何なのか、モラハラ気質の形成に関わるものなのか。今回は夫が見せる別の顔に焦点を当て、夫の心に刻まれたものを探っていきたいと思います。

見抜けなかった夫のモラハラ気質②~それでも結婚を決意編

モラハラの特徴には、モラハラを事前に見抜くことが難しいというのがあります。私もそうでした。今回は、夫の両親の反対や理不尽な中絶を経てもなお、なぜ私は夫を信じ結婚を決意したのか、また、そこにあった妻の心境と問題点についておはなしいたします。

見抜けなかった夫のモラハラ気質①~出会っておつきあい編

モラハラの特徴に、モラハラを最初から見抜くのは困難だというのがあります。私の場合もそうでした。今回は、モラハラの要素なんてまったく見当たらなかった夫との出会いからおつきあいまでのこと、夫に抱いた印象などを振り返っておはなしいたします。

〝俺の〟時間〜モラハラ夫が妻を追い詰める3つの常套句②

モラハラ加害者である夫は、よく『俺の〇〇』という言葉で妻を追い詰めました。今回はそのひとつ『俺の時間』についてです。夫がこの言葉を使い、自分本位かつ理不尽に妻を追い込み虚無感に陥れる様子をおはなしいたします。

〝俺の〟家〜モラハラ夫が妻を追い詰める3つの常套句①

モラハラ加害者である夫は、よく『俺の〇〇』という言葉で妻を追い詰めました。今回はそのひとつ『俺の家』についてです。夫がこの言葉を使い徹底的に妻を追い込み、思考と感情を翻弄する様子をおはなしいたします。

モラハラ夫ってこんな感じ⑥〜夫の場合【劣等感】

モラハラ夫の特徴のひとつに『強い劣等感』があります。自身の劣等感に苛まれる心を払拭するために他人を犠牲にし、傷つけるモラハラ夫。今回は、夫の中に見えた劣等感を挙げながら、モラハラ夫の抱く劣等感の実態をおはなしいたします。

夫の実家で感じるモヤモヤのはなし~モラハラ夫編

私に対しては非情なモラハラをくり返し、実家では〝立派ないい子〟を演じる夫。そんな夫の実家での様子や犠牲となる妻の苦悩。また、夫と夫家族の特殊な関係性についての私なりの考察をおはなしいたします。

モラハラ夫と車~被害者意識と勝ち負けへのこだわり

あおり運転や無謀な運転による事故のニュースを見るたびに、夫の運転もいつかそのようなトラブルに発展するかもしれないと恐れていました。今回は運転中のモラハラ夫の異常に強い被害者意識と勝ち負けへの執着とそれらによってもたらされる恐怖についておは…

モラハラ夫の飴と鞭と鞭~【暴力のサイクル】

DVなどの暴力には被害者の心を支配・コントロールするための巧妙な飴と鞭を使う『暴力のサイクル』というものが存在します。今回は『暴力のサイクル』がどのようなものなのかをおはなしいたします。

モラハラ夫ってこんな感じ④~夫の場合【共感できない】

モラハラ夫の特徴のひとつに『共感できない』というのがあります。あまりにも自分本位なモラハラ夫の共感できない実態についておはなしいたします。

モラハラ夫ってこんな感じ③~夫の場合【会話ができない】

モラハラ夫とはまともな会話ができない・させないという特徴があります。今回は夫婦のコミュニケーションを拒み、妻の心を追い詰めていく夫の実態をお伝えいたします。